« 久世橋までこれた | トップページ | 【自転車】取り締まり強化 »

2006.04.12

今日のテレビ・4月11日分

ARIA The NATURAL第1話 『その カーニバルの出会いは・・・』
「新しい出会いだ」
 
 うちの近所だとテレビ大阪は映りが悪いので心配していたのですが、予想通りノイズの嵐。
 所々音声が飛んだり、画面が砂嵐になったり・・・(;_;)
 早く、何処の局の番組もインターネットで配信される時代にならんかなぁ・・・。
 地デジが始まっても電波が届かない所では、見れない事に代わりはないだろうし。
 
 さて、愚痴はほどほどにして、感想です。
 やっぱり、最初はアイちゃんで始まるんだなぁ。じゃ、最後を閉めるのもアイちゃんかな?
 アリアカンパニーの制服を着て仕事を手伝うアイちゃん。
 やっぱり、あの制服は新しく作ったんでしょうか?
 アリシアや灯里のだと大きいだろうし。
 
 水の3大妖精とその弟子達+アイちゃんの7人でカーニバルへ。
 3大妖精が一緒に行動するなんて、スケジュール調整大変だったんだろうなぁトカ思ったり。
 なんせ客商売としては稼ぎ時ですし。
 
 カサノバの子分を追いかけて、おかしな所に迷い込む灯里とアイちゃん。
 原作だと猫の国に入れるのは、灯里だけの特技でしたが、アニメではアイちゃんもですね。
 鈴とカスタネットを渡され、カサノバ楽隊に混ぜて貰う2人。
 2人して「ズンタカポコテン・ズンタカポ~ン」と歌い、スキップしながらカサノバ達についていきます。
 楽しそうだけど・・・目が虚ろ。なんか催眠術にでも掛かってるみたい(-_-;)
 
 最後は猫の王様に謁見して、人間の世界に送り返されました。
 王様、これからもちょくちょく出てくるのかな?結構好きなんですが・・・。

夢使い第一話 『夢始め、雨の教室』
「現実(うつしよ)は夢、夜の夢こそ真実(まこと)」
 原作とは少し設定が変わってますね。
 まぁ、アル中女子高生の塔子とか、真性ロリの橘とか、原作通りでは問題がありますケドねぇ(^^;)
 しかし塔子「16時間寝ないと」って(^^;)どんだけねるんじゃ
 
 オープニングは神秘的なイメージで、少し怖さもあったりと作品に合った曲でした。
 夢解きのパートはアッサリしてたけど、今回の事件はある程度リサーチしたところから始まってるからこんなモンかな?
 情報屋の橘もまだ出てきてないし。今後に期待ですな。
 
 「遊ぶのね!」
 「思い切りね」
 これから戦いに行くのに何で「遊び」?コイツらにとっては戦う事は遊びなのか?
 と、思った人もいるかもしれませんが、『遊』という字は元々は神が旗を立てて出陣する様子から生まれた字なんだそうです(原作より)。
 つまり、夢使いが遊ぶという時は宣戦布告なわけです。
 
 
 現実(うつしよ)は夢、夜の夢こそ真実(まこと)
 よく使えたなぁと思う台詞のひとつ目。
 これは、推理小説家の江戸川乱歩が読者にサインを求められた際に、書き添えた言葉だそうです。

 往く道一つのただ一つこれが我らの生きる道
 よく使えたなぁ のふたつ目
 別な番組で使われた主題歌の一節。作者の植芝先生が好きなフレーズだったので使ったんだとか。
 アニメじゃ使えないんじゃないかと思っていたですが・・・。
 
 とりあえず、これからもこんな感じで進めてくれるとうれしいなぁ。

|

« 久世橋までこれた | トップページ | 【自転車】取り締まり強化 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16582/9552313

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のテレビ・4月11日分:

» 今日は唯一の女友達にもひどいことを言われたよ。 [最近落ちこんでます・・・]
確かに、その様子を見たら変わってる子って思われても仕方がないと思うよ・・・でも・・・・これっておかしくない? [続きを読む]

受信: 2006.04.27 20:07

« 久世橋までこれた | トップページ | 【自転車】取り締まり強化 »