« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.27

ARIA The ORIGINATION 第8話「その 大切な記憶に…」

アリス「このまま記憶が回復しないのもアリ、みたいな」
灯 里「だめでしょ~」

 今回は原作で既に読んでいたエピソードなんですが、声が入ると破壊力が大幅にアップしますねぇ。
 オチは知っているのにハラハラしました(^_^;)

続きを読む "ARIA The ORIGINATION 第8話「その 大切な記憶に…」"

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2008.02.21

毒ギョーザで中国がいつも通り…

 ネットで見かけたニュースですが、中国が毒ギョーザの件で謝罪と賠償を要求しておるんだそうな……(-_-;)

 以下一部引用
 全文はこちらです > URL:http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__fuji_320080221016.htm

.

続きを読む "毒ギョーザで中国がいつも通り…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンロア はじめての冒険

 ゴールデンロアをやってみました。
 キャラクターを創ったら後は放置しておけばOKというお手軽RPG。
 とりあえず、自分自身を放り込んでみたところ、最初の冒険からは生還しました(^_^)/

続きを読む "ゴールデンロア はじめての冒険"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.02.19

ARIA The ORIGINATION 第7話「その ゆるやかな時の中に…」

秋  乃「灯里ちゃん この先いつか灯里ちゃんのARIAカンパニーが始まる」

アリシア「まだ誰も知らない灯里ちゃんのARIAカンパニーを、私達は楽しみにしているの」

アンナ 「頑張って(^_-) 」

灯  里「はい! 頑張ります!!」


 Aパートはコミックに収録されていません。最終巻に収録されるのか、アニメオリジナルかどっちだろ?
 Bパートは9巻に収録されていますね。

 今回はARIAカンパニー創立秘話と世代交代がテーマ。
 そのうち灯里もアリシアさんに変わってARIAカンパニーを背負う日が来るんでしょうねぇ。

続きを読む "ARIA The ORIGINATION 第7話「その ゆるやかな時の中に…」"

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2008.02.13

ARIA The ORIGINATION 第6話「その 素敵な課外授業に…」

アリス「お二人は、見てるこっちが恥ずかしくなるくらい一心同体ですから」

 褒められて伸びる人もいれば、叱られて伸びる人もいる。
 教える側と教わる側の相性みたいな物も大きいですよねぇ。
 それに教える側になると、生徒がどちらのタイプか見極めないといけないから大変ですし。


「あんなに発破を掛けたのにやる気を出さない。アイツはダメだ」
「その発破のせいでやる気を無くしてたみたいですよ? 学年が変わったら ほら、あんなに活き活きと」
「にゃんとぉ!?」
「アイツは褒めも叱りもしない、放置プレイ(笑)で伸びる人だったみたいです……(^_^;)」

                               ~学生時代・前年度担任との会話~

続きを読む "ARIA The ORIGINATION 第6話「その 素敵な課外授業に…」"

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2008.02.08

ARIA The ORIGINATION 第5話「その 思い出のクローバーは…」

藍華「そっか あの二人は気付いていないんだ……。
   しっかりしていること がんばること それは、天から与えられた才能じゃ……ないんだけどな」


 今回は『努力しまくった秀才』のお話でしたね。
 語られなかった部分で『努力する天才』の事も暗示されてたみたいですが。

続きを読む "ARIA The ORIGINATION 第5話「その 思い出のクローバーは…」"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008.02.01

エリオSS「貴腐人の功罪」

SS仕様書
話数:短編・1話完結
メインキャラ:ユーノ エリオ
カラー:ノーマル トーン:コメディ系
カップリング:ユーノxなのは エリオxキャロ
備考:軽くBLネタ有り。シャマルさんは腐女子ですよね?

作 者「今回はキャロもちゃんと出番有ります」
はやて「前回は詐欺みたいな事したもんなぁ。で? わたしの出番は?」
作 者「ありますよ。ご心配なく」

続きを読む "エリオSS「貴腐人の功罪」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »