« 放置し過ぎ(^_^;) | トップページ | 土曜日の出来事 »

2008.05.15

なのはSS「山無し・落ち無し・意味も無し」

 イヤな汗が背中を流れていくのを感じつつ、男は必死で平静を装う。
「なのは……すっかり疑い深い性格になっちゃったねぇ」
「なのはをこんな性格にしたのは、ユーノ君だよ」
 唇だけは微笑みの形を作りつつ、しかし、その瞳には絶対零度の輝きを乗せて彼女は言葉を返す。

~なのはSS「山無し・落ち無し・意味も無し」~


****



****

「さて、GM? トラップ探知はクリティカルだったんですけど?」
 先ほどとは打って変わって、楽しそうな声で報告するなのは。
 対してユーノはガックリと肩を落としつつ、
「く~っ! 見付かっちゃったか~!!」
 その一言に、エリオやティアナ達が騒ぎ出す。
「え~っ!? こんな所にトラップ仕掛けてたんですかぁ!?」
「一本橋の真ん中は酷いですよぉ!!」
「はぁ~。やっぱ、ユーノがGMやるとデスダンジョンになんだな」
 ヴィータが溜息を吐きつつ、いつもの事だと周りに説明する。
「ユーノは普段からロクでもない遺跡にばっかり潜ってるから、ゲームの時もそのノリでダンジョンを造っちまうんだよ」
「そうそう。だからユーノ君のダンジョンは死亡率、高いんだよねぇ」
 なのはのセリフに、はやて達ギャラリーが一斉に頷く。
「私、いつだったかドアを開けただけで黒こげにされたことあるよ」
 フェイトがそう言うと、はやても、
「あ~、わたしも酸のプールにダイビングさせられた事あるわ」
「台座に刺さった剣を抜いたら、部屋ごと爆発して吹き飛ばされたこともあるな」
 隊長陣の体験談を聞いていた新人達は、すっかり呆れ顔になっている。
「ゆ、ユーノさん……」
「いや、これでもずいぶん簡単にしたんだけど……」
「だから、おめーの『簡単』は一般の『理不尽』なんだっつの」

 ワイワイと騒ぎつつ、平和な夜は更けていくのでありました。

 
  -------------------------------------------------------------------

☆後書きという名の言い訳
 最後までお読み頂き、ありがとうございます。
 説明不足すぎて、ワケ判りませんよね。
 いや、えーとですね。ここ最近、全然更新していなかったので「何か書かないとなぁ」と思っていたところへ、某コンさんの『とってもメタな世界樹の迷宮SS』を読みまして、それでまぁ、何か変な電波を受信してしまったみたいです(^_^;)
 一応、使用しているシステムはあちらと同じアリアンロッドのつもりなんですが、全然関係ないですね(爆)
 このSSで一番書きたかったのは、冒頭の二人のセリフなので書き手としてはすっかり満足しているんですが、読んだ方の反応が怖いなぁ(^_^;)

  であであ、よろしければまたお越し下さいませm(__)m
 

|

« 放置し過ぎ(^_^;) | トップページ | 土曜日の出来事 »

短編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16582/41211105

この記事へのトラックバック一覧です: なのはSS「山無し・落ち無し・意味も無し」:

« 放置し過ぎ(^_^;) | トップページ | 土曜日の出来事 »