« PC修理 | トップページ | 祝! PC復活!! »

2011.05.04

美少女モンスターの作り方

 ゲームをしているときに「ちょっと変わったキャラを出したいなぁ~」と思ったら、

既存のモンスターを萌えキャラにしてしまうなんていうのはどうでしょう?

 古い(10年以上?)メモが出てきたのでちょっと書いてみた。

 なお、このネタを使用した結果どんな大惨事が発生してもスリングは責任をとりませんので、あしからず



★美少女モンスター作成法

 名前の末尾を「~ナ」「~リナ」「~リーナ」のいずれかにする。

 外見は登場する場面・ストーリー・役割によって変更する。

 ただし、一度作ったら、その種族は理由がない限り外見を変更しないこと。
例)

 ゴブリナ

 ゴブリンが先祖帰りを起こし、かつて妖精郷に居た頃の姿を取り戻した姿。

 全身は金色の柔らかい毛で覆われており、瞳はだいたい焦げ茶色。

 性格は臆病。

 通常のゴブリンからは奴隷扱いされている。



 フェアリナ

 身長は人間と同じくらいで、背中に妖精の羽が生えている。

 人間と妖精のハーフと言われているが、どうやったら人間と妖精で子孫を残せると言うのだろう?

 その生態の全てが謎に包まれている。



 ラミリアーナ

 ラミアの亜種と考えられる。下半身は蛇にはならないが、七色に輝く鱗が生える。

 本家のラミアと同様に人の血を吸わなければ生きていけない。

 これも本家同様だが、街の中で人間に紛れて生活している。



*以上。

 以前、RPGマガジンより書き写したメモが出てきたためPCへ書き写した。

 元の記事が何年の何号かは不明。

 たしか、ソードワールドかD&Dでゴブリナが出てきてブームになっていた頃の記事のはず。

|

« PC修理 | トップページ | 祝! PC復活!! »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16582/51577862

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女モンスターの作り方:

« PC修理 | トップページ | 祝! PC復活!! »