« 境界線上のホライゾン 第一話 | トップページ | 境界線上のホライゾン 第三話 »

2011.10.11

境界線上のホライゾン 第二話

第二話 「食事場の清純者」

P-01s「男の制服を着ていたのは正純様の趣味では無かったのですね。なんと」



 正純を中心にして、襲名制度や三河がまともな状態では無い事をかるく説明する回でしたね。

 エンディングの走狗たちが可愛かった。


*****



*****

☆ソファがベッド
 ソファで寝ていた正純。
 朝食も採らずに学校に全力疾走。そのあと小学生相手に授業すれば、そりゃ、腹もすきますよねぇ。
 なんだか疲れ果てて撃沈したようにも見えますけど、もしかして晩飯も食べて無かったんでしょうか?

☆行き倒れ
 で、餓死寸前でぶっ倒れたところを、黒藻の獣に水をやっていたP-01sが見つける。
 青雷亭の女将さんもトーリ相手だと遠慮がありませんねぇ。まぁ、当然だけど。

☆授業(内職)中
 まともに授業受けてるヤツが少なすぎる(笑)
 まぁ、御高説対策でしっかり予習しているからなのかもしれませんが。
 それにしてもまぁ、堂々と(^^;)

☆自己申告厳罰
 自主的に脱ぎまくる、男が。まさに誰得ですねぇ。
 見慣れているせいか全員スルーしてましたけど、トーリの左肩の傷、ちゃんと有りましたねぇ。
 原作だと隣の教室に吹っ飛ばされたときに、お隣の三要先生に見られて軽く説明入ったんですが、アニメだとまるっきりスルーされちゃいましたねぇ。

☆余と麻呂
 元皇族の世間知らず型天然ボケと現武蔵王の教頭先生。
 出番少ないなぁ(笑)。まぁ、麻呂の方は見た目のインパクトだけでも十分だろうけど。
 東のターンは来週ですね。ミリアムとの夫婦漫才。

☆霊園の天然ボケたち
 『ばれてない? おーけー? いけそう?』
 「バレておりません。イケております。我々の活動は完璧です」
 (バレてるぞ……!)

 などと、暢気なやりとりをしていたのに、過去の話になるとかなりシリアス。
 時代が時代なせいか、過去に色々背負ったヤツばっかりですねぇ……。

☆元信先生
 中の人補正というか、声が速水さんだと味方側の重要人物のように感じます。
 まぁ、この後何やらかすかは分かってるんですが。
 船の中から手を振っていたのは誰か、は伏線です。

☆臨時生徒会兼総長連合会議
 名前だけ見ると凄く重要そうな会議なのにナァ……。
 ミトツダイラも気の毒に。
 トーリのボケ術式、あれだけの芸が出来れば無能ってことも無いんじゃ?

☆エンディング
 今回からが正式版でしょうか。
 走狗(マウス)がメインで予告も兼ねるみたいですねぇ。
 出てきた順番と主人は
 コハナ:浅間・智
 エリマキ:ハイディ・オーゲザヴァラー
 ウズィ:葵・喜美
 ???:御広敷・銀二 ←自分が知らないだけかも。
 ツキノワ:本田・正純


☆知ったかぶりの悪い癖コーナー(笑)
スリングはこのシリーズはニワカなので、正確な情報が欲しい方はwikiなどを参照ください。
これは「スリングはこういう風に理解した」という程度ですので。

黒藻の獣
 しゃべるおはぎ。
 実際の形状は毬藻のような藻の塊らしい。
 汚れを食べて汚れていない状態にする生きた浄化装置。
 妖精とか精霊とかなんかそんな感じ?

御高説
 オリオトライ先生の手抜き……もとい生徒に予習させるための作戦。
 普通は間違えても罰則はなし。

七大罪
 暴食・淫蕩・強欲・憤怒・驕り・怠惰・嫉妬
 こっちはゲームなんかでよく出るなぁ。

八想念
 暴食・淫蕩・強欲・悲嘆・憤怒・嫌気・虚栄・驕り
 これを冠した武装が出てくるので、覚えるならこちら。

|

« 境界線上のホライゾン 第一話 | トップページ | 境界線上のホライゾン 第三話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16582/52967265

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾン 第二話:

« 境界線上のホライゾン 第一話 | トップページ | 境界線上のホライゾン 第三話 »